印刷会社が印刷通販サイトを運営するメリットについて真面目に考えてみた

印刷通販サイトを運営するメリット






最近よく「印刷通販」という言葉を耳にしますが、みなさんご存知でしょうか。

印刷通販は、WEBサイトから印刷物が注文できるサービスで、低価格・スピーディーな対応をウリにしているサイトが多いようです。

我々のような印刷会社がクライアントに見積を出す場合、印刷通販の低価格と競っていると会社が成り立たないわけですが、実際は「印刷通販を運営しているのは印刷会社」という笑えない状況なんですね。

そこで今回は、印刷会社が印刷通販を運営するメリットについて真面目に考えてみたいと思います。

印刷会社にとって売上が命!?

印刷会社は売上が命

印刷会社の悪しき風習なんですかね。昔からよく言われるのが「売上」です。

とにかく仕事を受注して、売上を増やすという事を目的にしている印刷会社は多いのではないでしょうか。

ここで重要なのは、あくまで「売上」であって「利益」ではないという事ですね。特に印刷通販は送料込みの場合が多いので、遠隔地から名刺100枚の受注があった場合に送料込みだと利益が出ないんじゃないか?という疑問を持っているのは私だけでしょうか。

いくら売上が大切だとは言っても赤字だと全く意味ないですよね。そこで自分が勤務する会社が運営する印刷通販サイトの担当者にいくつか質問をしてみました。

印刷通販って利益出てるの?

利益イメージ

結論としては、ちゃんと利益が出ているそうです。

中には送料分で利益が削られるケースもあるようですが、それも考慮して価格設定をしているから問題ないとの事でした。

ただ、単価が安いこともあり単体で運営していくには大量受注は必須なのと、刷り直しが発生したら赤なので品質管理が重要なのだとか。まぁ価格を見ていれば納得ですが、話を聞いていると仕事って大変だなぁと改めて思いました。

検索サイトからの集客はできているか?

検索サイト集客イメージ

集客に関しては、ほとんどが検索サイトからの流入だそうな。SEO対策も頑張っているそうで、徐々にアクセス数も伸びているらしいです。

一応、企業サイトの方からもリンクを張っているそうですが、そちらからの流入は少ないそうです。

どちらかと言えばリピーターよりも新規客が多いらしいので、印刷通販の需要は増えているという事でしょうか。「印刷 短納期」「印刷 安い」といったキーワードが多いようです。

印刷会社って他社のWEBサイトは制作するのに、自社のWEBサイトを集客に使っているというイメージがあまりなかったので、これは少し驚きました。
WEBサイトを運営して集客・販促に利用しているという実績は、クライアントへのアピールにもなりますので、これは印刷会社にとって大きなメリットになりますね。

印刷通販あったら営業さんいらなくない?

営業イメージ

前から気になっていた事ですけど…印刷通販が伸びれば通常の営業活動は必要なさそうな気がします。

個人的に印刷通販を利用した感想としては、圧倒的にレスポンスとコスパが良いので、印刷会社の営業さんに見積や仕事の依頼をするメリットが感じらません。ゴメンなさい…。

それも聞いてみたところ…

住み分けが出来ているから大丈夫

だそうです。

もう少し話を聞いてみると、営業さんには制作から印刷までのワンストップな案件をガンガン受注してもらい、印刷通販は完全データ納品で手間とコストをカットし安価な印刷を提供するという事でした。

う〜ん…微妙。営業がクライアントから受注しても、結局データは自社サーバーにアップしてもらうし、むしろ制作から受注する営業の方が少ない気がします。それ以上に印刷通販で完全データを入稿してもらうからといって価格を大幅に下げる理由もわかりませんね。手軽かつ気軽に注文できる印刷通販は非常に便利だと思いますが、営業がクライアントさんの懐に入る機会損失を招いている可能性もあるかもしれません。

印刷通販を運営するメリットってなに?

顧客層の拡大イメージ

最後にぶっちゃけて「印刷通販を運営するメリット」について聞いてみました。
これは自分の会社に限っての事かもしれませんが、メリットとしては2つあるそうです。

顧客層の拡大

従来の営業方法では企業間の取引のみだったのが、印刷通販を運営することによって個人客からの受注が大幅に増えたそうです。

リピートしてくれる個人客もいらっしゃるようで、印刷通販は顧客層と売上拡大に貢献しているとの事でした。

確かに「顧客層の拡大」というメリットは全く考えてなかったです。印刷を利用するのは企業さんばかりではないですから、幅広いユーザーをターゲットにするということを考えると、印刷通販はうってつけの手段ですね。

WEBマーケティングイメージ

WEBマーケティングに詳しくなる

印刷通販担当者さんは、ECサイトの企画から立ち上げに関わり、SEO対策を考えながら日々の運営や売上管理までしているので、かなりWEBマーケティングの勉強をしているようです。そりゃぁそうだよねぇ(笑)

ECサイトを運営ってことは店舗を運営するのと同じようなものだから、マーケティングの勉強は当然しているでしょうし、検索サイトからの流入を考えるとSEO対策は外せません。そういった事は印刷会社にとって非常に重要なスキルになるので、印刷通販を運営する事でWEBに強い人材が育つと考えると、売上以上の価値があるかもしれません。

まとめ

いろいろ話を聞いた感想として、印刷会社が印刷通販サイトを運営するメリットはあると思いました。

売上だけを考えると正直微妙かもしれませんが、人材育成、WEBサイト運営のノウハウ、SEO対策、顧客層拡大という施策を会社レベルで行える機会は大きなメリットではないでしょうか。

従来の印刷営業も行いつつ印刷通販サイトも運営していくためには、今回の話で出てきた「住み分け」というワードが重要な意味を持っているようにも思います。今後も印刷通販担当者さんには今後も頑張ってもらいたいです!

『印刷会社が印刷通販サイトを運営するメリットについて真面目に考えてみた』でした。

少しでも安く印刷したい!印刷通販サイト最安値比較

2018.06.15

何で印刷会社の営業はデザイナー任せなの?印刷会社営業が「印刷屋」と呼ばれ続ける理由

2018.11.10






印刷通販サイトを運営するメリット