結局カラーコーディネーターの資格って役に立つのか?立たないのか?







カラーコーディネーターの資格って役に立つのか?立たないのか?資格を取得する意味ってあるのか…。

少し前に「カラーコーディネーターの資格って仕事してて役に立つの?」と質問されました。
その時は状況もあって「ええ…まぁ」と曖昧に返事をしましたが、実際にデザインの仕事をしていて役立つのか?役立たないのか?を考えてみようと思います。

先に結論

カラーコーディネーターの「資格」そのものより、資格を取得するための勉強で得た「知識」が役に立っています。

なんとも微妙な答えですが…もう少し説明すると「資格を持っているから何か特別にメリットがあるわけではないけど、日々の作業や打ち合わせ時にカラーコーディネーターの試験勉強で得た知識が非常に役立っている」という感じですね。

なので「カラーコーディネーターの勉強って役立つの?」という質問に対しては、間違いなく「Yes」と答えます。

資格そのものに過度の期待は禁物

カラーコーディネーター

カラーコーディネーター検定試験は国家試験ではありません。カラーコーディネーター検定試験と比較されやすい色彩検定も同様です。

それほど難易度も高くないので、就職に直結するほどの資格ではないと思います。

実際、履歴書に「カラーコーディネーター3級」「色彩検定2級」と記載されていても、デザイン会社での採用時にはあまり重要視されないと思います。少なからず自分の勤めている会社では、あくまで持っている資格の一つとして見るだけで、採用の決め手にはしていません。

カラーコーディネーター3級よりも、学歴やスキルと合わせて、人格・社交性・見た目…といった本人が持っている本質的な部分が決め手になるので、まぁなんというか資格として持っていて損はないけども、決め手になりにくい資格というイメージでしょうか。

もちろん資格取得者は優遇される企業もあるでしょうし、資格を持ってないと入社できない企業もあると思いますが、カラーコーディネーター資格そのものに対して過度の期待はしない方がいいです。それよりもコミュニケーション能力やデザインスキルを高める努力をし、ポートフォリオを充実させた方が、就職につながりやすい業界だと感じています。

カラーコーディネーターの資格って役立つの?」という質問に対しては「どちらかと言えばNO」と答えます。



試験勉強をする価値とは

上記の理由を含めて「カラーコーディネーター」という資格そのものには大きな価値があるとは言いにくいのですが、試験勉強で得た知識は仕事でも十分役立つので、資格取得のために勉強する価値はあると断言できます。

日々の仕事で役立っているカラーコーディネートの知識に関して、基本的な事をいくつか紹介したいと思います。

色の関係がわかる「色相環」

色相環

虹色の順番に「赤→橙→黄→緑→青→藍→紫」に赤紫を加えて、リング状に並べたものを「色相環」と呼びます。色相環によって色同士の距離や関係性が明確になるので「色を抑えたいから隣同士の色で配色する」「目立たせたいから離れた色で配色しようか」といった配色計画において非常に役立ちます。むしろ配色計画には無くてはならないツールと言えます。

マンセル色相環」「イッテンの色相環」「PCCS色相環」などがあります。

マンセル色相環

マンセル色相環

PCCS色相環

PCCS色相環

イッテンの色相環

互いに引き立たせる「補色」

補色

捕食ではなく補色です。

補色とは、互いの色を最も目立たせる色の組み合わせのことで、色相環で対極に位置する色同士が「補色の関係」となります。反対色」とも呼ばれることもあります。

補色の関係

黄色と紫」「赤紫と緑」「青とオレンジ」「青緑と赤」の4つが代表的な補色として知られていますが、この4つの組み合わせを知っているだけでもデザインの幅が大きく広がります。

トーンオントーンとドミナント・トーン

配色する際に基準となるパターンはいくつかあるのですが、中でも「トーンオントーン」と「ドミナント・トーン」の二つはよく使っています。

トーンオントーン

トーンオントーンは「色相を統一して明度差を大きくした配色」です。同じ又は近い色で濃い・薄いを表現していると言えばわかりやすいでしょうか。同系色で配色するのでイメージの統一感が出るのが特徴です。

トーンオントーン

ドミナント・トーン

ドミナント・トーンは「色相を変えて同一トーンでまとめた配色」です。簡単に言えば、色の明るさ・濃さは同じだけど違う色という感じです。イメージに変化をつけやすいし、組み合わせの幅も広いのでチラシなんかでよく使います。

ドミナントトーン

知識があって損する事はありません

上記で説明した内容は、カラーコーディネーター検定試験範囲のほんの一部ですが、これらを知っているか知ってないかでは業務に大きな違いが出てできます。

例えば「2色チラシの場合は補色の組み合わせで作れば目立つよね」「イメージを統一したいからトーンオントーンでデザインしようか」といった理論的な考えでデザインできるので、誰かに説明する時に明確な理由や説得力のある回答を伝えることができるようになります。

カラーコーディネーターの資格を持っていて、得をすることはあまり無いかもしれませんが、カラーコーディネートの知識を持っていて損をすることは絶対にありません。



まとめ

冒頭でも述べたように、基本的にカラーコーディネーター資格は就職に直結しづらい資格だと思いますが、カラーコーディネーター検定試験の勉強をする過程で得た知識は今でも非常に役立っています。

ということで「カラーコーディネーターの資格は役に立つ」というのが個人的な結論ですかね。
日々の業務に色が関係する職業の方は取得しておいて損はしないと思いますよ。
まだカラーコーディネーターの資格を持ってないという方は、ぜひ勉強してみてください。

きっと日々の仕事に役立つと思いますし、何より服選びが上手になると思います(笑)

「結局カラーコーディネーターの資格って役に立つのか?立たないのか?」でした。

合格率80%! MUD教育検定3級について

2017.08.21

気になるMUD教育検定3級の難易度

2017.09.05